思いのたけブログ

沖学園高等学校創立60周年 隆徳館創立25周年 沖 隆邦 瑞宝小綬章受章を祝う会にお招きいただきました。

2016/11/20

たけログ

平成28年11月20日(日)は、沖学園高等学校創立60周年、隆徳館創立25周年並びに、沖 隆邦 瑞宝小綬章受章を祝う会 にお招きいただきました。

img_0527

学校法人沖学園は、かねてから知・徳・体の全人教育を行い、生徒の持っているあらゆる可能性を引き出し、個性豊かな人格形成を目指した教育をなさっています。
昭和16年、故沖四郎による興亜珠算道場設立に始まり、以来戦後の博多経理専門学校から、昭和33年設立者沖四郎の建学の精神のもとに博多商業高等学校発足、実践教育を誇る高校として堅実な歴史を歩んできました。

img_0602
昭和62年、校名を沖学園と改め、普通科を開設し、平成9年には、時代の要請である国際化、高齢化、情報化に対応するため、社会総合学科を開設しました。
沖学園高等学校は、自由な校風の中に新たなエネルギーがみなぎっています。創立以来、沖学園はしつけ教育により生きる力を、学力や技術育成により生きる知恵を、子たちに伝えてこられました。

img_0552

一方で、常に時代の声をとらえ、変化を恐れず教育環境を整えてきました。近年頻発する自然災害に対応できる人材を育てるため、沖学園レスキューチームを創設なさいます。学ぶ内容は救護技術、手話や英語、キャンプ技術やドローン操縦と多岐にわたり、その指導では自衛隊は消防署、有名大学など外部との連携も進めております。また、日本獣医師会の要請を受け、災害時のペットレスキューについても学ぶ機会をお作りになっています。生徒のスキルだけではなく『人を助けたい』『命を守りたい』という気持ちを育みたい。これも『生きる力』と『生きる知恵』であり、両方を伝えたい。

img_0465

沖隆邦理事長の、変わることを恐れない、常に時代の変化を的確に捉え、先取の精神で時代の要請に応える姿勢を深く強く感じることのできる素晴らしい式典、祝賀会でした。

今後とも福岡から世界に羽ばたく有為な人財を育んでいただき、日本の教育と時代を引っ張っていただきたいと存じます。

a9ac3c97-f5b3-404d-96a4-a4a092c9a723-collage

九州大学 地域政策デザイナー養成講座 政策研究発表会のお知らせ

2016/11/15

お知らせ

イベントの告知をさせていただきます。

九州大学 地域政策デザイナー養成講座では「ソーシャル・イノベーションによる新しい価値の創造」をテーマとして取り組んできました本年度講座の集大成となる政策研究発表会を11/26に開催します。

私も4期生として修了した講座ですが、早いもので今年度で第7期となります。

聴講するには、事前登録が必要ですが、どなたでもご覧いただけます。
6つの政策研究発表のほか、熊本県の小野副知事より「熊本地震からの創造的復興」と題したご講演、「イノベーション・エコシステムの構築」をテーマとしたパネルディスカッションと内容は盛りだくさんとなっております。
皆さまのお越しを心待ちにしております。
詳細・お申込みは以下をご覧ください。

img_0454

【ご案内】九州大学産学連携セミナー2016 年度地域政策デザイナー養成講座政策研究発表会大学改革シンポジウム事業(主催:国立大法人九州大学 共催:国立大学協会)...

九州大学 地域政策デザイナー養成講座さんの投稿 2016年11月6日日曜日

子どもたちの未来へ

2016/11/13

たけログ

平成28年11月13日(日)は、平尾保育園 新園舎落成式にご招待いただきました。

2404628b-9a55-413f-a0e9-52d9a5ea66e5-collage

新園舎は、木造で作られており、木の香りのする、微に入り細に入り、どこを切り取っても絵になる素敵な空間でした。

風通しや広いベランダからは園庭も望むことができ、平尾の閑静な雰囲気を感じさせる外構の石垣も何とも言えない風合いがありました。

このような保育園に通う園児や保育士さんは気分もいいだろうなぁと感じました。

8afebb8f-2d97-474b-a5b4-8d84e7483dc5-collage

さて、落成式の後の祝賀会で、ある保育園の園長先生から貴重なお話を伺いました。

保育士さんの配置基準について、国の基準は、

0歳児 概ね3人に保育士1人、1、2歳児 概ね6人に保育士1人、3歳児 概ね20人に保育士1人、4、5歳児 概ね30人に保育士1人

となっていますが、もしもの時に、1、2歳児を保育士さんが6人も抱えて、園庭に逃げ出し避難することができるでしょうか?

img_0428

子どもたちは、よく保育士の先生に話しかけます。しかし、保育士さんは色々な雑事に追われ、子どもたちの話にゆっくり丹念に聞くことができない。子どもたちも先生が自分たちの言葉に反応してくれなければ、逆に、先生や親の言うことを聞かなくなる傾向にあるのも頷けますね。

img_0426

子どもたちは国の宝、地球の宝です。

子どもたちが笑顔になれば、お母さん、お父さんが笑顔になり、日本は元気になる、子どもたちの笑顔は、日本の活力の源だと思うのです。

img_0427

ケツメイシの『子どもたちの未来へ』をよく車の中で聞きますが、私たちが任された時代の責任を果たし、次世代にしっかりバトンを引き継げるように頑張りたいと思っています。img_0404子どもたちの未来へ   ケツメイシ

たった一つの巡り合いから生まれた
君とのすれ違いの時代へ
君の為に 君たちの為に
何をし何を残してやれるだろう
子供たちの未来が 想像よりも幸せで
また その子供たちの未来も 君よりもっと幸せで
ありますよう 共に願おう
なりますよう 永遠に語ろう
励ますよう 共に歌おう
笑顔だらけの未来へ

無邪気に笑う 時には泣く
その優しい笑顔 腕に抱く
いつまでも この温もり 絶やさない
語らない 小さな手も離さない
この先 未来を避けることなく
嘆くことなく 冷めることなく
小さな足でも歩ける 正しい道と
本当の幸せの意味を 伝えよう
日々素直に 笑える喜び
笑い声に 包まれますように
空の青さを いつも心に
忘れず 愛溢れる 子供に
なりますよう 僕らの力で
小さな星たちを 光らせ
夢を見そして持てる世界へ
大きく育て 羽ばたけよ 未来へ

たった一つの巡り合いから生まれた
君とのすれ違いの時代へ
君の為に 君たちの為に
何をし何を残してやれるだろう
子供たちの未来が 想像よりも幸せで
また その子供たちの未来も 君よりもっと幸せで
ありますよう 共に願おう
なりますよう 永遠に語ろう
励ますよう 共に歌おう
笑顔だらけの未来へ

鳥が飛ぶ そよ風 雲運ぶ
花が香る 空の下 子が遊ぶ
それが当たり前じゃない 今
天仰ぐ子は 誰頼る 誰が守る
防犯ベルぶら下げ ランドセル
背負い無邪気 学校通ってる
人が人を信じられない
世の中 危うい方への道 変えたい
自然壊す 人に傷負わす
視線そらす 大人見て子は育つ
きれいな空 海に謝りな
破壊 戦い ではなく 語らいが
必要 きっと いつも この先も
と思うなら 子供の未来に愛を
貸す手を 溢れる 愛情に託せ
大人が子へ向ける 明日への役目

何を残していくのか その小さな手に
何を見せてあげるの その小さな目に
この空を 海も 山も 青い地球をいつまでも
響け笑い声よ 未来へ

何を残していくのか その小さな手に
何を見せてあげるの その小さな目に
その命を 夢 希望も 優しさをいつまでも
そして明るい笑顔を 未来へ

たった一つの巡り合いから生まれた
君とのすれ違いの時代へ
君の為に 君たちの為に
何をし何を残してやれるだろう
子供たちの未来が 想像よりも幸せで
また その子供たちの未来も 君よりもっと幸せで
ありますよう 共に願おう
なりますよう 永遠に語ろう
励ますよう 共に歌おう
笑顔だらけの未来へ

91558c42-545e-4720-933c-bb78735f246e

総務企画地域振興委員会 管内視察に行ってきました。

2016/11/10

たけレポート

平成28年11月7日(月)から11月8日(火)まで総務企画地域振興委員会管内視察に行ってまいりました。
【視察1】福津市役所
○津屋崎千軒を核とした移住・交流ビジネス化事業について

空き家の活用、文化学習交流の実施やまちの情報発信について具体的な事例を交えてお話しいただき、大変参考になりました。

img_0234

img_0237

【視察2】宗像市役所

○全国豊かな海づくり大会を活用した地域振興について

決算特別委員会で私も取り上げさせていただいた天皇皇后両陛下をお迎えしての第37回全国海づくり大会に向けて宗像市の意気込みを感じました。

img_0244

img_0246

【視察3】糸島市役所

○九州大学との連携したまちづくりについて

九州大学学研都市構想を糸島市独自で作り、九州大学との連携を通じて街づくりや企業誘致図ろうとしている糸島市の更なる発展を期待します。

img_0252

img_0278

 

【視察4】九州大学伊都キャンパス(共進化社会システムイノベーション施設等)

○共進化社会システム創成拠点について

こんな未来が実現するのかと思えるような研究がなされていて大変興味深かったです。

img_0259

img_0253