思いのたけブログ

大濠公園 中の島のライトアップを開始します。

2017/01/31

お知らせ

大濠公園で10月から設置工事が進められていた中の島のライトアップ施設がこの度完成し、点灯を開始しますので、お知らせいたします。

この施設は、大濠公園の夜の魅力をさらに高め、また、安心・安全の向上にも寄与するものです。

皆さま、是非足を運んでいただき、ライトアップされた大濠公園中の島をお楽しみください。

1.施設概要 ライトアップ施設(カラーLED灯具74基など)

2.設置場所 大濠公園 中の島

3.点灯開始 平成29年2月1日(水)19時から

4.点灯時間 毎日18時から22時まで ※夏季【4月から9月まで】は、19時から22時まで

5.寄付者  ロイヤルホールディングス株式会社、福岡地所株式会社

01[1]

IMG_3378[1]

平成29年 新春のご挨拶

2017/01/03

お知らせ

新年あけましておめでとうございます。

昨年は父が亡くなりまして、年末年始のご挨拶を失礼しておりましたが、今年も何卒よろしくお願いいたします。

さて、昨年は国内外ともミャンマーのアウン・サン・スー・チー氏、台湾の蔡英文主席、英国ではテリーザ・メイ首相、民進党の蓮舫氏や東京都知事に小池百合子氏など女性のトップが多く誕生した年でした。しかし、韓国の朴槿恵大統領の友人による国政介入疑惑やオリンピックを間近に控えながらブラジルのルセフ大統領が弾劾にかけられたり、イギリスがEU離脱を決めたりするなど「カオス」な出来事も多く起こりました。

また、隣県であります熊本では大地震が起き、多くの犠牲者がでました。天変地異といいましょうか、例えば、海水を含め地球の温暖化が進んでいることを実感させられるような現象が目立つようになり、改めて「環境との調和」、「自然との共生」の大切さを実感させられました。

また、伊勢志摩サミットの後、オバマ大統領が現職大統領として初めて広島をご訪問なさいました。そして、12月末には、安倍晋三総理がハワイの真珠湾をオバマ大統領とともに訪問なさるという画期的な年ともなりました。

天皇陛下の「生前退位のご意向」と合わせ、日本における平和の追求、世界平和をいかに構築していくべきか、人生の中で与えられた命を大切にし、幸福をどこに求めていくべきかについて考えさせられる一年でもありました。

今年は、オバマ大統領からドナルド・トランプ氏が大統領に就任なさいますが、就任演説でどのような内容の演説を行うのか注目されるところです。

世界が保護主義や右傾化していくことなく、持続可能な資源の保持と、多様な価値観の変化に対応した新たな幸福の追求を模索し、環境や自然を大切にしながら、将来への責任を果たしていけるように一人一人が努力していきたいものです。

私の身の回りの皆様(M様)の今年一年が実り多き一年となりますように祈念申し上げますとともに、尊敬する皆様(M様)のように「清く正しく美しく」日々の生活を真摯に過ごし、多くを学びながら仕事を頑張っていきたいと思っております。

引き続き今年も倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

岳 康宏 拝

img_0970

【2016年の主な出来事】

英ロック歌手のデビッド・ボウイさんが1月10日、がんのため69歳で死去した。先鋭的なサウンドやファッションで世界のロック界に影響を与えた。

台湾総統選で1月16日、最大野党・民進党の蔡英文(ツァイインウェン)主席が初当選した。女性総統の誕生は史上初。

ミャンマーで3月30日、与党・国民民主連盟(NLD)による新政権が発足。軍主導の政権から歴史的な政権交代を果たした。党首のアウン・サン・スー・チー氏は国家顧問に就任した。

4月14日夜、熊本県熊本地方を震源とするマグニチュード(M)6・5の「前震」が発生し、16日未明にはM7・3の「本震」が起きた。最大で震度7の強い揺れによる家屋の倒壊などが相次ぎ、地震による直接の死者は50人に達した。

主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)が5月26日、三重県で開幕。不透明感を増す世界経済やテロの脅威などへの対応を盛り込んだ首脳宣言を採択した。そして、オバマ米大統領が5月27日、現職の米大統領として初めて広島を訪問した。オバマ氏は、原爆死没者慰霊碑に献花した後、声明を発表し、「核兵器のない世界」を追求していく必要性を訴えた。

化学者の国際組織は6月8日、原子番号113番の新元素の名称案を「ニホニウム」と発表した。新元素を合成した理化学研究所のチームが提案。11月30日に正式名に決まった。

米大リーグ、マイアミ・マーリンズのイチロー選手が6月15日、日米通算の安打数を4257安打とし、大リーグ通算最多安打を超えた。8月7日には米通算3000安打を達成した。

選挙権年齢を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる改正公職選挙法が6月19日施行され、約240万人が新たに有権者となった。参政権拡大は71年ぶり。

5月のフィリピン大統領選で当選した南部ダバオ市長のロドリゴ・ドゥテルテ氏が6月30日、第16代大統領に就任。「犯罪者は殺す」と述べたり、オバマ米大統領をののしったりするなど過激発言を重ね、物議を醸した。

第24回参院選は7月10日、投開票が行われ、自民、公明の与党が69議席を獲得して大勝した。非改選も含め、憲法改正に前向きな勢力の合計議席は、参院での改正発議に必要な3分の2(162)以上となった。

欧州連合(EU)離脱を決めた英国で7月13日、与党・保守党党首のテリーザ・メイ氏が新首相に就任した。英国の女性首相はマーガレット・サッチャー元首相以来26年ぶり2人目。

東京都知事選が7月31日、投開票され、元防衛相の小池百合子氏が初当選した。小池氏は知事就任後、築地市場(中央区)の豊洲(江東区)への移転の延期を決定。豊洲市場の建物下で土壌汚染対策の盛り土をしていなかった事実を明らかにし、関係した幹部職員を処分した。小池氏は2020年東京五輪・パラリンピックの開催経費削減にも乗り出し、一部会場の見直しを巡って、国際オリンピック委員会、国、大会組織委員会と協議を行った。

大相撲で31回の幕内優勝を果たし、相撲界初の国民栄誉賞を受賞した第58代横綱千代の富士の九重親方(本名・秋元貢(みつぐ)さん)が7月31日、61歳で死去した。

第31回夏季五輪リオデジャネイロ大会が8月5日、開幕した。日本は史上最多となるメダル41個(金12、銀8、銅21)を獲得した。

天皇陛下は8月8日、国民に向けたビデオメッセージで退位の意向を示唆された。政府は有識者会議を設置し、退位などの具体的な検討に入った。

ブラジルのルセフ大統領(停職)は8月31日、上院に設置された弾劾法廷での罷免投票の結果、失職。2014年に財政悪化を隠すため政府会計を不正操作したとして弾劾に問われた。

民進党は9月15日、臨時党大会で党代表選の投開票を行い、新代表に蓮舫氏を選出した。

中東和平推進に尽力し、1994年にノーベル平和賞を受賞したイスラエルのシモン・ペレス前大統領が9月28日死去。93歳だった。

今年のノーベル生理学・医学賞に10月3日、東京工業大の大隅良典栄誉教授が選ばれた。日本のノーベル賞受賞は25人目。

国連総会は10月13日、今年末で任期が切れる潘基文(パンギムン)事務総長の後任に、ポルトガル元首相で前国連難民高等弁務官のアントニオ・グテレス氏を任命した。

韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は10月25日、私人の友人女性に政府の非公開文書などを事前に見せていたことを認めて謝罪した。この国政介入疑惑を巡り、韓国検察は友人女性や朴氏の前秘書官らを逮捕・起訴し、朴氏の「共謀」も認定。韓国内で大統領の辞任を求める声が噴出。朴氏は任期満了前に退く意向を示した。

米大統領選が11月8日、投開票され、公職経験が全くない共和党候補のドナルド・トランプ氏が、民主党候補で米国初の女性大統領を目指したヒラリー・クリントン氏を破り、当選。来年1月に第45代大統領に就任する。

キューバ革命で社会主義体制を確立し、約半世紀にわたって最高指導者として君臨したフィデル・カストロ前国家評議会議長が11月25日、90歳で死去した。

 

 

平成28年度12月議会で一般質問させていただきました。

2016/12/24

たけレポート

平成28年度12月議会で一般質問させていただきました。

一つは、知事に対して、「福岡県の在宅訪問歯科診療について」、もう一つは、教育長に対して、「平昌・北京冬季オリンピックに向けての福岡県の取り組みについて」質問いたしました。

地域医療構想が発表され、より一層「地域」との関わりが求められる医療現場の声の中で、地域包括ケアシステムにどう取り組むのか、先生方の真剣で真摯なお話しをよく伺います。

今回は在宅訪問歯科診療への支援体制の構築について福岡県の考えを伺いました。

また、約1年後に控えた韓国平昌オリンピックに向けて、本県の優秀な選手たちへの支援について福岡県のお考えをお示しいただきました。

以下は、一般質問の内容を記します。

dsc_3171r1

自由民主党県議団の岳康宏です。

通告に従って、一般質問させていただきます。

まず初めに、福岡県の訪問歯科診療についてお尋ねします。

本年4月現在、福岡県の高齢化率は25.7%ですが、今後も高齢者は増加を続け、団塊の世代が75歳以上となる2025年には、30%を超えると推計されています。

このような中にあって、一人一人の主体的な健康の保持増進の取り組みやそれに資する社会環境の整備が急務であります。

人間が健康の保持増進を図っていくには、適度な運動はもちろんですが、規則正しい生活の涵養とバランスの取れた食事をとることも重要です。

高齢化が進む中で生涯にわたり、「食べる」「話す」といった生活の基本となる機能を維持し、自分らしい健康で生き生きとした生活を送る上で「口腔ケア」すなわち「口の中の健康づくり」の重要性が改めて注目されています。食事が美味しいと感じることができることは高齢者にとって特に重要であり、口の中の健康が全身の健康にも関わっていることは、様々な調査・研究で明らかにされています。

口腔ケアや口腔機能の回復が体全体の心身の状態が低下することへの予防・改善につながり、糖尿病や誤嚥性肺炎などにも大きく貢献することが分かっています。また、「食べる」ことを楽しむための「飲みこみ力」つまり、嚥下トレーニングも健康寿命を伸ばす効果があります。

それにも関わらず、厚生労働省の歯科疾患実態調査によると、80歳から84歳の「進行した歯周病を有する者」の割合は、平成11年度の28.1%が平成23年度には42.6%と大きく悪化しております。

今後、地域医療構想により回復期・慢性期における病床数は減少し、在宅で医療を受ける高齢者が増加するわけで、このような在宅患者の健康支援、つまり、地域における在宅歯科診療の役割はより一層極めて重要になってくると考えます。

たとえ医療介護が必要となっても、住み慣れた地域で自分らしい健康で生き生きとした生活を人生の最期を迎える時まで続けることができるように、2025年をめどに、「医療」「介護」「予防」「生活支援」「住まい」の各サービスが一体的に提供される「地域包括ケアシステム」を構築することが求められています。

医療に関しては、効率的かつ質の高い医療提供体制の構築に向けた取り組みが行われており、「治す医療」から「治し支える医療」へと、医療ニーズのある高齢者の在宅生活を支える「在宅医療」の役割は益々重要になるものと考えます。

その一方で、本県では、歯科医を養成する施設として、九州歯科大学、福岡歯科大学、九州大学の3つの大学があり、歯科診療所も福岡県において3194か所となっており他県に比べると充実しています。

しかしながら、訪問歯科診療を行う「在宅療養支援歯科診療所」は、本年7月1日現在で410か所と割合的には全国と比べて多いようですが、全体のほぼ1割に留まっています。

より多くの歯科医師が訪問歯科診療に参画するように、訪問歯科診療の一層の普及、環境整備が喫緊の課題と言えます。

そこで、知事にお尋ねします。

訪問歯科診療の充実を図るため今日までの取組みについて具体的に説明願うとともに、更なる普及に向けて県行政の中で一層の取組みが求められるところですが、県の抱負をお聞かせ願います。

福岡県は歯科医師が多いという強み・特性を活かし、多くの歯科医師が訪問診療を行うことをいとわず、皆がいつでも訪問歯科診療を行える体制づくりを福岡県として積極的に支援していくことが肝要であると存じます。地域の歯科医師会とも緊密に連携しながら、取り組みを進めるべきと考えますが、知事の前向きなご答弁を期待いたします。

次に、2018年平昌、2022年北京で開かれます冬季オリンピックに向けた本県の取り組みについてお尋ねいたします。

先日、福岡県卓球協会所属で、中間市にある希望が丘高校の早田ひな選手が南アフリカのケープタウンでの世界ジュニア卓球選手権の日本代表メンバーの一員として団体男女アベック優勝を果たし、女子及び混合ダブルスでも準優勝に輝きました。

また、一昨日の12月11日には、卓球のワールドツァー上位選手で争うグランドファイナル最終日、ドーハでの女子ダブルスで、初優勝を果たし、21歳以下においても個人初優勝に輝いています。目覚ましい勢いで、2020年東京オリンピックの最有力候補に浮上して参りました。

これは先日の九州の自立を考える会の広域行政セミナーでも紹介されたように物心両面からの支援に加え、教育現場との密接な連携が実証された成果だと感じます。未来に向けてより多くの福岡県出身のトップアスリートが輩出されることは、県民の心を躍らせ、幸せにつながることであると思います。しかしながら、今話題にのぼっているスポーツの祭典は、夏季の競技種目が中心のように感じます。

皆さまご存知のように、いよいよ約一年後となる2018年2月9日から韓国の平昌、2022年には中国の北京でと、2大会連続してアジアで冬季オリンピックが開催されます。

先日は羽生結弦選手のフィギアスケート史上初の4連覇が達成され、平昌オリンピックに向けて弾みがついた快挙でした。

日本の中でもアジアに最も近い地理的優位性のある福岡県にとっても喜ばしいことであり、本県でも今後徐々に冬季オリンピックへの関心が高まっていくもの、また、高めていくべきものと考えます。

dsc_33781

福岡県は、通年リンクとして、博多区千代にありますパピオアイスアリーナ、飯塚アイスパレス、スポガ久留米、季節限定リンクとしては、アクシオン福岡に併設している県立総合プールスケートリンク、北九州アイススケートリンクなど、複数のスケートリンクが県域にバランスの取れた位置に存在します。このような環境から県内では、冬季競技の中でもスケートリンクを使用する、いわゆる氷上競技への関心が高まることが予想されますし、氷上競技に対する競技力向上を含めた振興策がどのように行われているのか気になるところです。

本県で行われている福岡県タレント発掘事業によって見い出され、スケート競技のひとつであるショートトラックスピードスケートへ競技を転向して活躍している修了生もおり、本県のタレント発掘事業は大いに評価できます。

lgf01c2014032714001

 他県の方々から福岡県出身者はスケート競技のイメージとはほど遠いという声も聞かれますが、今年1月に開催された岩手国体スケート競技で、福岡県は総合成績で、天皇杯5位、皇后杯4位と健闘し、冬季オリンピックに向けた強化選手として指定された選手が、ワールドカップなどで活躍されています。

そのような方々が将来冬季オリンピックに出場し、活躍していただくことは、県民の夢や希望となります。特に、子どもたちにとって、身近な福岡県出身の選手がオリンピックで活躍することで、そのスポーツをやってみようというきっかけとなり、今いる中高生のスケート競技選手のモチベーションが上がり、やる気にもつながると確信します。

そこで、教育長にお伺いします。

まず、本県のスケートリンクを使用する氷上競技振興の取り組みの現状についてお聞かせください。

次に、今回のわが会派の代表質問でも県外流出を防ぐ対策について触れましたように、本県ゆかりのアスリートがさらに飛躍し、今後一層の氷上競技振興が図られ、本県内の高校・大学などで、のびのびと練習できるような環境を整備することも含め、本県としてどのような支援を行っていくのか教育長のお考えをお示しください。

 

問 訪問歯科診療の充実のための取組みについて【知事答弁】

自宅や介護施設で療養する方々が訪問歯科診療を受けることができるよう、6か所の郡市区歯科医師会では、「在宅歯科医療連携室」を設置している。連携室では、認知症のため自分で口腔ケアができないといった相談に歯科衛生士が対応し、訪問歯科診療につなげている。

また、訪問歯科診療の充実を図るため、全ての郡市区歯科医師会が、会員が共同で利用することができる訪問歯科用医療機器を配備している。

さらに、県歯科医師会では、介護支援専門員を対象とする口腔ケアを考慮したケアプランの研修会、歯科医師をはじめ多職種が参加する事例検討会を開催している。

県は、これらの取り組みに対し、財政的な支援を行っている。

平成25年3月に制定した「福岡県歯科口腔保健の推進に関する条例」では、高齢者の歯科口腔保健を基本的施策の一つに位置づけており、今後も引き続き、歯科医師会など関係団体と連携して、拠点の整備など、訪問歯科診療の一層の充実に取り組んでまいる。

問 本県のスケートリンクを使用する氷上競技振興の取り組みの現状について【教育長答弁】

普及活動については、競技団体が県内各地で行っている独自のタレント発掘事業や体験教室により、競技人口の拡大に取り組んでいる。

強化活動については、県立総合プールのスケートリンクを強化拠点のひとつとして、競技団体と県教育委員会や県体育協会等関係機関が連携し、練習会、体力測定会、競技会などを実施している。

その結果、近年の国民体育大会においてショートトラック競技やフィギュア競技で優勝を収めるとともに、国際大会でも活躍するなど、優秀なアスリートが育成されている。

問 本県のスケートリンクを使用する氷上競技振興のための本県の支援策について

現在、本県の強化指定選手及び指導者に対し、トップコーチの招聘や遠征合宿に係る費用の補助を行うとともに、施設の利用時間の延長などにより、練習の場の確保等の支援を行っているところである。

今後も、優れた指導者の養成や効果的な強化プログラムの構築、競技団体の要望を踏まえた練習環境の整備に努め、世界で活躍するトップアスリートの育成を目指し、氷上競技の振興に努めてまいる。

平成28年度福岡県議会12月定例会が始まりました。

2016/12/01

お知らせ

平成28年12月1日(木)から12月20日までの日程で、平成28年度福岡県議会12月定例会が始まりました。

img_0777

提出議案については以下の通りです。

第151号議案 平成28年度福岡県一般会計補正予算(第4号)
第152号議案 平成28年度福岡県流域下水道事業特別会計補正予算(第1号)
第153号議案 福岡県職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について
第154号議案 福岡県特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第155号議案 福岡県職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第156号議案 福岡県事務処理の特例に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第157号議案 福岡県県債条例の一部を改正する条例の制定について
第158号議案 地方活力向上地域における福岡県税の不均一課税に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第159号議案 福岡県個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第160号議案 福岡県特定非営利活動促進法施行条例の一部を改正する条例の制定について
第161号議案 福岡県立アジア文化交流センター条例の一部を改正する条例の制定について
第162号議案 福岡県都市公園条例の一部を改正する条例の制定について
第163号議案 福岡県公立学校職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第164号議案 福岡県教育委員会事務処理の特例に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第165号議案 福岡県警察職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第166号議案 福岡県警察関係手数料条例の一部を改正する条例の制定について
第167号議案 筑豊自動車運転免許試験場技能試験コース使用料条例の一部を改正する条例の制定について
第168号議案 専決処分について(控訴の提起)
第169号議案 工事請負契約の締結についての議決内容の一部変更について
第170号議案 工事請負契約の締結についての議決内容の一部変更について
第171号議案 工事請負契約の締結についての議決内容の一部変更について
第172号議案 工事請負契約の締結についての議決内容の一部変更について
第173号議案 工事請負契約の締結について
第174号議案 工事請負契約の締結についての議決内容の一部変更について
第175号議案 工事請負契約の締結についての議決内容の一部変更について
第176号議案 工事請負契約の締結について
第177号議案 工事請負契約の締結について
第178号議案 当せん金付証票の発売について
第179号議案 福岡県立あまぎ水の文化村の指定管理者の指定について
第180号議案 福岡県障害者就労支援ホームあけぼの園及び福岡県立北九州勤労青少年文化センターの指定管理者の指定について
第181号議案 福岡県平尾台自然観察センターの指定管理者の指定について
第182号議案 福岡県立四王寺県民の森等の指定管理者の指定について
第183号議案 都市公園の指定管理者の指定について
第184号議案 福岡県立久留米スポーツセンター等の指定管理者の指定について