思いのたけブログ

福岡県厚生労働環境委員会 管外視察に行ってまいりました。

2017/11/17

たけレポート

平成29年11月15日から16日まで福岡県厚生労働環境委員会の管外視察で長崎県対馬市に伺いました。

視察① 社会福祉法人 米寿会 「地域の自然資源を活用した障がい者雇用の促進」

IMG_2167
300-360 vce
300-370 vce
IMG_2170

対馬市は、9割近くが民有地の山林が占めますが、そのような環境を生かして、木材加工を行ったり、特筆すべき取り組みとしては、自治体指定のゴミ袋を障がい者の方が研修を受けて、印刷技術を学び、丈夫なゴミ袋を作ったりなさっていました。

IMG_2314

IMG_2171

IMG_2175

その土地の自然環境や地域の特性を活かした障がい者の就労支援事業を勉強させていただきました。

IMG_2313

視察②  対馬市役所 「ツマアカスズメバチ対策及び海岸漂着物対策について」

次に、対馬市役所をお訪ねし、ツマアカスズメバチの防除対策に対馬市としていかに取り組んだかについてご説明を受け、その後、現地の海岸に向かって、中国や韓国など主に海外からの海岸漂着物の実態と対策についてお話を伺いました。

IMG_2312

IMG_2187

IMG_2183

IMG_2184

海岸線に伺うと、大変寒かったですが、清掃したばかりの海岸には、すでに発泡スチロールや大量の木くずやゴミが置いてありました。

風の強い日には、山林までゴミが吹き上がるそうで、韓国の若者にもその実態を知っていただくために、韓国の学生さんを招いて、一緒に海岸線を清掃した後にワークショップを開催し、将来、こうした取り組みを通じて、韓国からの海岸漂着物がなくなることを願って努力しているとのことでした。
300-209 vce
300-320 vce
IMG_2199

IMG_2197

福岡県の場合も、先日、豊かな海づくり大会が開かれた宗像市沖などにも、やはり韓国からの漂着物、アナゴ取りの仕掛け、発泡スチロールやペットボトルなどが流れついていると聞きますので、是非韓国や中国の学生との交流や取り組みは参考にしていきたいと感じました。

IMG_2185

対馬市のメインストリートは、先だって「世界の記憶」登録で話題になった朝鮮通信使が最初に日本で立ち寄った場所だそうで、日本の玄関口として、対馬特有の石灰岩の塀を使って整備し、朝鮮通信使をお迎えしたそうです。

視察③  対馬野生生物保護センター 「希少野生生物の保護活動について」

対馬市2日目は、北の方まで移動して、対馬野生動物保護センターに伺いました。

IMG_2293

IMG_2236

ツシマヤマネコの捕獲の仕方や特徴について細かく説明を受け、その後、環境省九州地方環境事務所の対馬自然保護官事務所の方から野生動物といかに共生しながら地域づくりに取り組むべきかについてお話を伺いました。

IMG_2241[1]

IMG_2240[1]

対馬市の現状は、対馬市で続いてきた人間活動・産業が衰退し、環境が変化しつつあり、持続可能な社会と言えるのかという課題を提起され、自然や野生生物を単に保護するのではなく、地域の資源として「活用」していきながら、野生動物との共生を図りながら行政として、誰が主体的に取り組みを考え、実行に移していくかの手助けを行っていくことが対馬市として喫緊の課題だと考えるとのことでした。

IMG_2311

視察④ 長崎県対馬病院 「離島医療について」

最後に、長崎県対馬病院をお訪ねし、離島医療の現状と課題について、川上院長先生からお話しをいただきました。

国境の島である対馬に住んでいる人々は、長崎県よりも福岡県に行ったことがある人がある人が多く、その昔、転県運動が起きたくらいだそうです。人口減少が進み、若い人と言っても自衛隊の家族の方くらいだそうで、本当に手に負えない病気についてはドクターヘリで福岡県に搬送することが多いそうです。

IMG_2305

IMG_2309

ガンの放射線治療については、痛みを和らげてあげて、薬を飲む量を減らす目的で行っているとのことで、2年前に出来たばかりの病院は素晴らしい施設でありました。

IMG_2310

今回の視察での調査事項を精査し、しっかりと福岡県の施策に反映できるよう見習うべきところは見習い、参考にしていきたいと存じます。

 

平成29年9月定例会で一般質問させていただきました。

2017/09/21

たけレポート

平成29年9月定例会で、大濠公園日本庭園と西公園について一般質問させていただきました。

詳細は以下の通りです。

是非よかったらご一読ください。

回答は短いですが、次年度にしっかり予算組みできるか注視していきたいと思います。
300-206 vce
300-208 vce
 

自民党県議団の岳康宏です。

通告に従って、大濠公園日本庭園と西公園にについて一般質問させていただきます。

大濠公園は、昭和4年3月に開園し、2019年には開園90周年となります。

園内の日本庭園の横にある福岡市美術館は、2016年9月から2019年3月まで閉館し、リニューアルする計画になっています。

IMG_0687

この日本庭園は、昭和2年にできた県営プール跡地に、大濠公園開園50周年を記念して昭和59年に作られたと伺っており、近年インバウンド観光客の増加により、国内のみならず、海外からの観光客の来訪者も多く見られます。

実際、私が240円の来館料金を払って見に行った時も、中国、韓国、欧米の観光客がお見えになっていて、結婚式の和装の衣装を着たカップルが撮影を行っていました。

IMG_0868

庭師のお話では、毎日手入れをなさっているそうで、それは見事な庭園で、指定管理者としてお勤めの女性からもたくさんのお話を伺うことが出来ました。

そこで、まず、大濠公園日本庭園への来訪者数、並びに、その中で外国人観光客の数が近年どれほど伸びているか、お応えください。

日本政府は、『観光先進国』への新たな国づくりに向けて、平成28年3月30日、『明日の日本を支える観光ビジョン構想会議』(議長:内閣総理大臣)において、新たな観光ビジョンを策定しました。

『世界が訪れたくなる日本』を目指し、観光は「真に我が国の成長戦略と地方創生の大きな柱である。」との認識のもと、「観光先進国」の実現に向け、政府一丸、官民挙げて常に先手を打って攻めていくとしています。

その「明日の日本を支える観光ビジョン」の中で、「魅力ある公的施設」を広く国民、そして世界に開放し、「文化財」を「保存優先」から観光客目線での「理解促進」そして「活用」へと導いていくことを提言しています。

 

2019年はラグビーワールドカップが行われ、大会開催期間も長く、多くの欧米を中心とした訪日観光客が見込まれます。

2020年東京オリンピック・パラリンピックを通じて行われる文化プログラム(beyond2020プログラム)、ホストタウンでの相互交流などを契機として、福岡県の歴史、文化、芸術、食文化などの魅力を大いに海外に向けて強力に発信し、訪日プロモーションの高度化を図っていかなければなりません。

 

先日、9月14日のアメリカのウォールストリートジャーナルの記事で、「初心者のための日本、最も気軽な都市」と題して、福岡推しの記事を掲載し、ラーメン、屋台、太宰府の光明禅寺、筥崎宮に、舞鶴公園など福岡県の魅力を紹介していました。

このように、福岡県の観光の魅力が積極的に海外紙面に取り上げられることが今後も増えていくことを望みます。

BN-VC636_FUKUOK_M_20170913202219

大宰府の光明禅寺

 
400-051 vce
400-101 vce
また、島根県に、足立美術館という横山大観の作品などを多く所蔵する美術館があります。

muga

横山大観作「無我」

この足立美術館の日本庭園は、アメリカの日本庭園専門誌『Sukiya Living Magazine/The Journal of Japanese Gardening(ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング)』で、2017年まで15年連続で日本一に選ばれた最も美しい庭園であり、ミシュラン・グリーン・ガイドでは、三つ星を獲得、他に三つ星を獲得しているのが、富士山、明治神宮、日光東照宮、金閣寺ですから、観光地としては素晴らしいステイタスを得ています。

年間50万人が訪れ、「庭園も一幅の絵画である」という信念のもと、広大な庭園の細部にまで維持管理が行き届いている点が高く評価されています。

006

「庭園も一幅の絵画である」も納得の景色

入り口で音声ガイド(日本語・英語・北京語)を借りると、それぞれの庭園に合わせて見どころを解説してくれます。(因みに、レンタル料金は、日本語・英語500円 、中国語 300円です。)

9d70bf55-4d80-4477-a1b0-12f575901efa

音声ガイド

 

私がここで強調したいのは、大濠公園日本庭園を設計なさった人物とこの足立美術館の日本庭園を作庭なさった人物は同一で、中根金作さんという方であるということです。

他には、大濠公園日本庭園の冠木門(かぶきもん)とそっくりなボストン美術館の天心園日本庭園など、中根金作氏による日本庭園は素晴らしい世界観があり、このことも、もっと福岡県としてアピールしていくべきであると感じます。

このように、日本文化への理解を深めていただく場所として、大濠公園日本庭園は、大きなポテンシャルを有しており、有効に活用すべきで、素晴らしい財産であるのに、活かしきれていないのではないか。

 

指定管理者に丸投げではなく、指定管理者の自主性は重んじてもよいと思いますが、例えば、定期的なお茶の野点によるイベントの開催、大濠公園日本庭園の夜間ライトアップ、指定管理者が作成しているホームページを写真中心に構成し、今はやりの、インスタ映え、SNS映えする写真を多く取り入れ、外国人向けに多言語対応した発信力のある独自のポータルサイトにするなどの戦略的マネジメント、積極的なインターネット広報などの取り組みを執行部側も管理者と一緒になって考えるなど色々アイデアはあると思います。

IMG_0822

現在の大濠公園・西公園のホームページは、英語・中国語・韓国語の部分をクリックすると、PDFでパンフレットが出てくるだけで、現在、どんな催しが行われているかなどの、観光客が最も知りたい情報が掲載されていない。

福岡市政だよりでは、友泉亭などの催しの情報がよく掲載されているが、県民だよりには、大濠公園日本庭園の催し物情報が載っていないなどのご意見もあります。

そこで、質問いたします。

この大濠公園日本庭園をどのように認識し、そして、その活用について今後どのように取り組むおつもりか、知事職務代理者のご見解をお聞かせください。

IMG_0719-COLLAGE

我々の先達は、事業を進めて行くにあたり、節目、節目で、その目標年次を定め、スケジュールを組み、着実に事業を完遂なさってきたように思います。

我々も今を任された責任世代として、後世に恥ずかしくない形で、バトンを次世代に渡す責務があります。

ハード面としての施設整備はもちろん、その後の施設に、”ドラマ”や”ストーリー性”のある企画を付与しながら、ソフト面での「レガシー」を創り上げていかねばならないと考えます。

ソフト面での「レガシー」とは、日本の文化を世界へ発信することができたという達成感や誰もが訪れたくなるような快適で、親水性豊かな自然環境が整った都市空間を創造していくことなどです。

福岡市美術館との連携や芦屋釜の里など福岡県内の施設や星野産八女茶などの産物とのコラボ、さらに、将来的には海外の日本庭園との友好提携など、日本文化を味わえる公園として、多くの外国人観光客も訪れる、夢のある「レガシー」へと発展していくきっかけとして、大濠公園の充実を図っていただきたいと思います。

 

次に、その大濠公園にも近く、同じ管理事務所の所管となっています西公園についてもお尋ねします。

平成27年6月議会の一般質問において、知事より、『西公園は、眼下に博多湾、遠くに玄界灘を眺望でき、平成2年に「日本さくら名所100選」に県内で唯一選ばれた自然豊かな公園。一方で、整備されてから相当の期間が経過しており、今後、樹木の専門家による調査をし、計画的に桜の再生を行う予定。さらに、展望台からの眺望の確保や施設の更新、改修により、西公園の特徴である桜と眺望を活かした広報にも取り組んでいく。』とのご答弁をいただきました。

img0635

地元からは、桜の再生については、地元との協議に入り、その再生に向けて取り組んでいると伺っていますが、地元の声として、有名になってほしいが、あまり騒がしくなってほしくないという二律背反する意見が出ているとも聞いています。

119124_4

一方で、かなり改善してきているが、樹木の伸びが早く、生い茂って昼間でも暗く、特に、夜間は照明も行き渡らず、女性一人が歩くにはかなり不安な状況です。

園内にあるお店は、午後10時まで営業しており、女子学生が部活から帰る時間が遅れると、ホームレスの人がいてこわい、

上級のランニング愛好家が西公園のトレイルコースを夜間試したいが、一人では男でも暗すぎて危険といった声を聞きます。

400002_B4700660

このような現状、意見を踏まえ、大濠公園のように夜間でもランニングやウォーキングを楽しみ、園内にある飲食店を安全に利用できるような施設に改善していくべきと考えます。

そこで、最後に質問いたします。

公園利用者が安心して利用できるように、西公園の施設を安心・安全に関するニーズに合わせた改善を行っていくべきと考えますが、知事職務代理者のご見解をお尋ねします。

 

問 大濠公園日本庭園の来訪者について

〇昨年度は約4万9千人の方々に訪れていただき、このうち外国人来訪者は約1万7千人で、10年前の約8百人から約20倍に伸びている。

問 大濠公園日本庭園の活用について

〇この日本庭園や茶室は、日本の四季折々の美しさを感じ、伝統・文化としての茶道に親しんでいただく施設として、また、ご指摘のアメリカの日本庭園専門誌においても上位にランキングされるなど、インバウンドの観光資源として、高い価値を有するものと考えている。

〇これまで、外国人向けに英語、中国語、韓国語のリーフレットを作成し、ホームページへ掲載しており、月に1回の抹茶の提供や紅葉のライトアップなど、各種イベントを開催している。

〇今後、日本庭園の魅力を生かしたイベントの拡充や外国人向けのホームページの充実に取り組み、観光資源としての魅力向上を図ってまいる。

問 西公園の安全確保について

〇県では、夜間にも安心して西公園を利用していただけるよう、園路、駐車場、広場などに一定間隔で照明灯を設置しているが、繁茂した樹木などにより十分な明るさが確保されていない場所も見受けられる。

〇昨年度から、眺望確保のために樹木の整理に取り組んでいるところであり、今後、照明灯周りの樹木の伐採、剪定も併せて進め、必要な明るさが確保されているか、調査を行う。

平成29年6月定例会で一般質問させていただきました。

2017/06/16

たけレポート

平成29年6月定例会で一般質問させていただきました。

表題は、「本県における特別支援教育の推進についてです。
200-125 vce
200-310 vce
内容は以下の通りです。

教育長からは、特別支援教育を受けたいというニーズの増加に合わせて、特別支援教育の充実などの教育課題に的確に対応できるよう本庁組織の見直しについて検討を進めていくこととしているとの前向きなご答弁をいただくことができました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自由民主党県議団の岳康宏です。

通告に従って、本県における特別支援教育の推進について一般質問させていただきます。

本県では、新たな「福岡県総合計画」が平成29年3月に策定され、同計画の教育分野については、県が推し進める教育行政の指針として、本県の「教育振興基本計画」として位置づけられています。

この「教育振興基本計画」では、「特別支援教育を推進するための中長期的計画を策定し着実に取り組みを進めていく」ことが掲げられており、これを受け、具体的な施策の推進のための指針となる「福岡県特別支援教育推進プラン」が平成29年4月に策定されました。

そこで、まず初めに、特別支援学校等に在籍する児童生徒数の増加の要因についてお尋ねします。

本県では、児童生徒数が減少する中、特別支援学校に在籍する子どもが過去10年間で約1.34倍、特別支援学級でも約2.84倍と、著しく増加しています。

そこで、まず、教育長にお尋ねします。

この特別支援教育を志向する児童生徒数の増加の要因をどのように分析なさっていますか、また、今後その対策としてどのような取り組みを通して対応なさるおつもりかお教えください。

20160210_01_index_pic_1

次に、高等学校における通級による指導の制度化への対応についてお尋ねします。
400-151 vce
400-201 vce
障害のある生徒一人一人の教育ニーズに応じた適切な指導及び必要な支援を行うためには、特別支援学校や特別支援学級の充実だけでなく、高等学校での受け入れ体制の整備が急務であると考えます。

高等学校では、平成30年度から通級による指導が制度化されると聞いていますが、制度開始まで1年を切っている現在、県教育委員会はどのような準備を行い、どういった課題があるとお考えなのか、教育長にお尋ねいたします。

IMG_6028

さて、医療的ケア児への対応については、皆さんご存知のように全国的にも話題になっております。

平成27年年5月、鳥取県では、学校に通う70人あまりの児童生徒のうち、半数近くが、たんの吸引などの医療的なケアを必要としていて、鳥取県教育委員会は看護師6人を配置していたのですが、看護師6人全員が一斉に辞職を申し出て、看護師が不在となり、ケアを必要とする児童・生徒の一部が通学できない事態が起こりました。  看護師たちが辞職を申し出た理由は、「保護者から繰り返し威圧的な言動があった」などと訴え、保護者の要望を組織として受け止める態勢が十分でなかったからとのことです。

医療的ケア児への対応は、子どもの命に関わることですので、看護師の確保以外にも、緊急時の救急体制の整備や教職員の理解も必要で、時間はどうしてもかかると思われます。

本県においては、通常の看護師の勤務形態では、シフトによって夜勤があるのに対し、学校での勤務は、勤務時間も日中で、夜勤もなく、子育てしながら働けることを広く周知することで、潜在的看護師を掘り起こし、適宜毎年の増加に対応していると伺っています。

また、通常の学級に在籍する障害のある児童生徒が安心して学校生活を送るためには、学校における介助や安全確保、学習の支援を行う「特別支援教育支援員」の配置が必要です。

そこで、3つ目として、特に、県立高等学校における特別支援教育支援員の配置についてお尋ねします。

現在、福岡県の小中学校においては、1校あたり約1.8人が配置されていますが、県立高等学校では全体で5人の配置にとどまっています。

そして、平成28年度における高等学校への特別支援教育支援員にかかる地方交付税は、福岡県の場合、生徒70,854人に対して、国から1,100万円の予算措置がなされています。

県立高等学校の本県における特別支援教育支援員の現状をどう認識し、今後どのように取り組まれるおつもりなのか、教育長にお尋ねいたします。

faq_img12

特別支援学校はもとより、幼稚園、小中学校から高等学校まであらゆる学校種において系統性ある支援を特別支援教育の中で実施することが肝要であると考えます。

本県の教育委員会の組織としても、現在の義務教育課内に特別支援教育室、高校教育課に特別支援教育担当指導主事を置いていらっしゃいますが、一貫した継続性のある指導と支援を子どもたちに行い、

予算獲得や多様化したニーズに対応できる特別支援教育を推進するためにも、多くの自治体にあるような「特別支援教育課」が新設されることが望ましいのではないかと個人的には思っています。

そこで、最後に、本県における特別支援教育の推進体制について

教育長にお尋ねします。

特別支援教育の業務が、本県でも、今後、質、量ともに増加することが見込まれることを鑑み、特別支援教育に関する総合調整機能を果たすような充実した体制を作るべきと考えますが、教育長のご所見をお教えください。

 

自民党県議団 岳康宏議員 一般質問 答弁骨子

問 特別支援学校等に在籍する児童生徒数の増加要因とその対応について(教育長答弁)

○近年の障害者基本法や学校教育法の改正等により、特別支援教育の理念が普及したため、比較的障がいの程度が軽い子供とその保護者が、将来の自立と社会参加を見据え、こうした専門的な教育を志向するようになった結果であると考えている。

○県教育委員会としては、希望する児童生徒の確実な受入れのため、特別支援学校の3校新設を含めた今後の整備方針を策定するとともに、医療や福祉等に関する外部機関との連携や、専門研修等を通して教員の資質向上を図るなど、専門性の高い教育を行うための環境整備に取り組んでいる。

問 通級による指導の制度開始に向けた準備と課題について(教育長答弁)

○本県では、今年度から「高等学校等通級指導推進事業」を新たに実施し、県立ひびき高校及び博多青松高校を拠点に、学習上又は生活上の困難を改善・克服するための適切な指導及び支援を行うこととしている。

○来年の制度開始に向けては、現時点で、ニーズの適切な把握、指導教員の育成、指導内容や教育課程の確立といった課題があると考えている。

○現在、通級による指導の希望調査を行うとともに、実施体制の整備、教職員の研修等を進めており、来年度からの本格実施に備えて、本事業を着実に推進してまいる。

問 県立高校における特別支援教育支援員の配置の現状と今後の取組について(教育長答弁)

○平成29年度は、「高等学校等通級指導推進事業」による4名の配置拡充分を含め、要望のあった16校のうち、介助型を5校に5名、学習支援型を2校に4名、合計7校9名の支援員を配置し、学校の支援体制を整備することとしている。

○さらに、個別の支援を要する生徒への対応を充実するため、8校に特別支援教育ボランティアを配置することとしている。

○しかしながら、各学校からの支援員配置の要望は拡大する傾向にあり、生徒一人一人に対応したきめ細かな指導や支援が行えるよう、支援員の必要な配置について検討して参る。

問 特別支援教育の推進体制について(教育長答弁)

○近年、特別支援教育に関する法令の整備や、これに伴うニーズの増大に鑑み、特別支援教育の充実が教育行政上の重要な課題となっている。

○これを踏まえ、本年3月に策定された「福岡県行政改革大綱」においては、特別支援教育の充実などの教育課題に的確に対応できるよう「本庁組織の機能強化」に取り組むことが、具体的改革事項としてあげられている。

○県教育委員会においては、こうした状況を踏まえて、本庁組織の見直しについて検討を進めていくこととしている。

 

第4回 たけ会ゴルフコンペ並びに懇親会・県政報告会を開催いたしました。

2017/06/01

たけレポート

平成29年6月1日は、第4回たけ会(思いのたけ会の略称)ゴルフコンペ並びに懇親会・県政報告会を開催いたしました。

天候にもメンバーにも恵まれ、楽しい時間を過ごすことができました。皆様いかがだったでしょうか?

IMG_5430

さて、前回は、決算特別委員会が長引き、私が出席できない状況となり、大変残念で皆様にもご迷惑をおかけいたしましたが、今回は、その分しっかりと県政報告をさせていただきました。

いよいよ初当選から折り返し地点を迎え、改めて「福岡県議会議員」という重責に身の引き締まる思いがいたしておりますが、皆様のおかげで何とかがむしゃらにこの2年間を駆け抜けることができたように思います。

今回もお忙しい中、たくさんの皆様にお越しいただきました。

心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

今後とも日夜研鑽努力して、職責を全うし、2年後に向けて足場を固めていきたいと存じますので、引き続き変わらぬご厚情並びにご支援を賜りますようお願い申し上げます。

岳 康宏 拝

06111A00-FE9E-4A26-AFC7-7E020C8E5665-COLLAGEIMG_5493