思いのたけブログ

【総務企画地域振興委員会管外視察2日目】徳島県議会と大塚国際美術館に行ってきました。

2017/02/07

たけレポート

総務企画地域振興委員会管外視察に行ってきました。

平成29年2月6日(月)から2月8日(水)まで、徳島県・奈良県などに管外視察に伺いました。

2日目は、徳島県議会を訪ね、政府機関(消費者庁など)の徳島移転に向けた取り組み状況を伺いました。また、その後は、大塚国際美術館を訪ねました。

【視察2】徳島県議会

政府機関(消費者庁、内閣府消費者委員会、(独)国民生活センター)の徳島県移転について

平成29年2月7日は、徳島県議会を訪問し、消費者庁など政府機関の徳島県移転についてお話を伺いました。

今、国会では、日本人の働き方改革(長時間労働の抑制・年次有給休暇の取得促進)について議論されていますが、ICTを活用してテレビ会議を行うなど地方への政府機関の移転を図ろうとの試みもなされています。

写真7

冒頭、徳島県議会事務局の方から徳島県のあらましについてご説明がございました。

その後、消費者庁誘致のご担当から今までの経緯を含めて現在までの状況のご説明がございました。

写真8

安倍政権が消費者庁の徳島県移転を検討していることを受け、同庁職員が神山町に滞在して仕事をする4日間の「お試し移転」が行われたのは昨年のことでした。

その際、板東久美子消費者庁長官は、テレビ会議システムなどのICT(情報通信技術)の活用について「有用性に限界を感じた点もある」と述べ、東京を離れて業務を行うことの難しさを指摘なさいました。

ICTを使って場所にとらわれずに働く「テレワーク」を実践するのが目的でしたが、板東長官はテレビ会議などで東京にいる職員との打ち合わせや有識者会議への出席を試みた結果、その感想として、

①大人数の会議では出席者の反応が把握できない

②重大事故が起きた時の危機管理対応は難しい

③国会提出中の法案は直接対面しないと説明できない

④悪質商法などの取り締まりは秘密保持が重要でテレワークにはなじまない

などの問題を列挙なさいました。

「(テレビ会議などは)業務のメインとして使っていくことは難しいのではないか。補完的な役割が強い」と話し、全国への交通アクセスも「不便に感じた」ともおっしゃっています。

霞が関の抵抗だけでなく、実際の移転にあたって、超えるべき課題がまだまだ多いと感じました。

そのためには、まず例えば、九州などの出先機関(九州地方整備局や九州農政局など)の環境整備や自治体職員との人事交流などを行っていくことが肝要であると思いました。

その後、徳島県議会を見学させていただきました。さすが、徳島県。ブロードバンド系のITが進んでいるなあと改めて感じたものとして、「タッチパネル式の議員在庁表示板」が目に留まりました。

このようなものはすぐにでも参考にして福岡県でも採用いただきたいと思いました。

写真9

写真10

 

【視察3】大塚国際美術館

大塚製薬グループの創業75周年事業として1988(平成10年)に開設され、運営は一般社団法人大塚美術財団が行っています。世界25か国・190余の美術館が所蔵する西洋名画1,000余点をオリジナルと同じ大きさに複製して展示しています。

写真11

とにかく、「百聞は一見に如かず」で、現地に行かれて、その壮大なスケールと展示品の多さに感嘆していただきたいと思います。しかし、このような大企業が地元に地域振興のため社会貢献なさっていることは素晴らしいとも感じました。

写真12

展示されている作品は、大塚グループの大塚オーミ陶業株式会社が開発した特殊技術によって、世界中の名画を陶器の板に原寸で焼き付けたものです。

地元の海砂を活用して、名画を劣化させることなく残す技術にも恐れ入った次第です。

写真13写真14

写真15

B3F – スクロヴェーニ礼拝堂、聖マルタン聖堂壁画、聖ニコラオス・オルファノス聖堂、聖テオドール聖堂、ポンペイの「秘儀の間」など

B2F – モネの大睡蓮、ダ・ヴィンチ「モナリザ」「最後の晩餐」(修復前と修復後)・ボッティチェッリ「ヴィーナスの誕生」など)

B1F - ゴヤの家、バロック系統展示、近代系統展示(ゴッホ「ひまわり」・エドヴァルド・ムンク「叫び」・ウジェーヌ・ドラクロワ「民衆を導く自由の女神」・ジャン=フランソワ・ミレー「落穂拾い」など)

1F - 現代系統展示(パブロ・ピカソ「ゲルニカ」など)

2F - 現代系統展示

これらの陶板複製画約1,000余点は、ピカソの子息や各国の美術館館長、館員が来日し検品を行っているそうです。

徳島県の人を呼び込む観光地の一つとなっているようです。

写真16

【総務企画地域振興委員会管外視察1日目】徳島県神山町に行ってきました。

2017/02/06

たけレポート

総務企画地域振興委員会管外視察に行ってきました。

平成29年2月6日(月)から2月8日(水)まで、徳島県・奈良県などに管外視察に伺いました。

初日は、今話題の徳島県神山町を訪問いたしました。

【視察1】 NPO法人グリーンバレー(神山プロジェクトについて)

徳島県神山町は「神山アーティスト・イン・レジデンス」に代表されるアートプロジェクトに始まり、「ワークインレジデンス」などの移住推進コンセプトや滞在型の社会人再教育プログラム「神山塾」、ITベンチャー企業などの「サテライトオフィス」開設などを通じ注目を集めている地域です。

写真1

1955年は、21000人の人口があった神山町が、2015年の国勢調査で5300人へと人口減少社会における過疎化、高齢化が進行中で、いかに生活の質を高め、可能性を感じられる状況を作れるか、創造的過疎を目指して、「神山プロジェクト」は始まったようです。

写真2

写真3

とかく地方創生を考えるとき、まずは、「もの」を作って、人を呼び込むことを考えがちですが、神山町は、先に“人”を集めることから始めていました。

そこで、私からは「先ず人を集めるためにどのようなことを心掛けていますか?」という質問をさせていただきました。

すると、以下の点を心掛けているとのことでした。

①フラットな関係の構築

どうしても企業を誘致するとなると、受け入れ側が遜った関係となりがちだが、一緒に作り上げていきましょうといった同じ目線で取り組む関係を意識しているとのことでした。

②先ずやらせてみて、後から止める

新しく神山町に見えた方が、今までと違った感覚で事業に取り組もうとしていることに、それはだめです、あれは困りますでは企業などが思い切ったことをできなくなるので、まずは何でも受け入れて、どうしてもやらせてみてダメな時にストップをかけ、みんなで問題解決するようにしているとのことでした。

写真4

また、高速ブロードバンドが他の地域より進んでいるのが徳島県でその優位性を活かして様々な取り組みを行っているのだなあとも感じました。

そして、「絵になる風景」を持つということも過疎や高齢化が進む地域に取って、強みとなることも改めて感じました。

写真5

すきな福岡をす「て」きな福岡に

好きな福岡を素敵な福岡にするには、「手」を加えればいいんです。

最後の締めくくりのお言葉に、神山町の取り組みへの情熱と自信を感じました。

写真6

因みに、この鳥居は、Blue Toothで音楽を飛ばすとちゃんと音が鳴る鳥居なんです。この鳥居見たさに見える観光客もいらっしゃるそうです。

【参考記事】

東京IT企業 徳島市に

読売新聞社 平成29年2月10日

◇税制優遇活用、研究所を開設

徳島県は9日、東京のIT企業「ワークスアプリケーションズ」が、徳島市内に同社研究所を開設したと発表した。都心から地方に本社機能を移す企業の税制を優遇する、国の制度を活用した県内初のケース。将来的に50人規模の事業所となる見込みで、Iターン・Uターンを希望する人らの雇用の受け皿として期待される。

同社はコンピューターのソフトウェア開発などを手掛けており、資本金は36億円。

東京・港区に本社があるが、新たな研究所も同社の中枢機能と位置付けていることから、東京23区内から地方への移転を優遇する「地方拠点強化税制」の「移転型」として認定された。

同社が開設したのは、人工知能の基礎研究などを行う「ワークス徳島人工知能NLP研究所」で、同市東大工町のオフィスビル内で、1日から本格操業を開始。現在は6人体制だが、50人規模に増やす計画という。

県企業支援課は「本社機能という会社の中枢が地方に移ってくることは、『人の流れ』を地方に持ってくる上で、非常に意味がある。今後も、企業にとって有利な制度であることをPRし、雇用拡大につながる移転を促したい」としている。

 

ハワイの経済団体との意見交換について【日米議連によるハワイ州における視察調査5】

2017/02/05

たけレポート

先般、ハワイ福岡県人会60周年記念式典、福岡県・ハワイ州姉妹提携35周年記念式典並びに福岡フェアに合わせて1月17日(火)から1月24日(火)までアメリカ・ハワイ州を訪問してきました。

その期間中、ハワイ州の関係機関との意見交換をまとめましたので、ここにご報告いたします。

5.経済団体との意見交換

  1. 日 時:1月19日(木)13:30~
  2. 場 所:ホノルル日本人商工会議所
  3. 対応者:ホノルル日本人商工会議所

写真13

■事業の概要

600人の会員を有しており、州レベルだけでなく、商工会議所同士の交流も強化したい。福岡の人々にハワイの良さを知って欲しい。また逆に、ハワイの人々に福岡の良さを知らせていき、日本との直行便をホノルルだけでなく、他の島にも増やしたい。まずは明日の福岡フェアを成功させたい。

35周年の記念式典に参加させていただき、小川知事、中尾議長のスピーチに感銘を受けた。福岡県は、ハワイ州で最初の姉妹都市で、最も長い期間に渡って友好を築いてきたことを知った。新しい大統領になって、国と国との関係がどう変わろうとも、地域レベルの友好と信頼に基づく、この様な関係が重要であると思う。

写真14

■意見交換の概要

Q 観光以外のビジネスについては?

A 最大の産業は観光だが、会員の業種は、インフラ、環境、教育など多岐にわたっている。

Q 近年増えている業種は?

A 金融と保険が増えている。こちらの地方銀行と日本の地方銀行が提携を結ぶなどしている。

Q 会員数の動向は?

A 1970年代には約千人の会員を有していたが、その後下降し、200人から300人減少した。近年は、女性は若年層の支援に力を入れている。日系、韓国系、中国系、フィリピン系の四つの商工会議所で互いのプログラムに参加出来る制度も創設した。

Q 自分の地元では、商工会議所に加盟する人が減少している。何の為に加盟するのか分からないという声もある。会員の満足度を高めるためにどのようなことに取り組んでおられるのか?

A 新会員には、6か月以内にアンケートをとって会員の要望を聞いている。会員が新会員をサポートするメンター制度もある。会員の半分は、40才以下であり、若年層だけ、女性会員だけのためのイベントや会合も行っている。

Q 新大統領になって、どういう影響があると考えておられるか?

A 今のハワイの発展には、故ダニエル-イノウエ上院議員の功績が大きい。連邦政府の方針が変わろうとも、自治体レベル・地域レベルの地道な交流が重要と考えている。

写真16

写真17

【意見交換を終えての感想】

個人的な意見だが、会員数の減少は、だんだん2世3世が多くなり、今の日本を知る機会が減ってきていることも要因ではないかと考える。

そこで、アメリカの文化や現状について講演会などを通して広報活動を行っている日本における「アメリカンセンター」のような存在ができれば、随分と違うのではないだろうか?

ハワイ州にあるホノルル日本人商工会議所は日本文化センターに隣接しており、そこにうまく総領事館がイベントを仕掛け、日本からの今の情報をうまく発信する施設やコラボ企画ができると活性化できるのではないかと感じた。

そして、福岡商工会議所とホノルル日本人商工会議所との仲立ちも必要であれば、日米議連として取り組み、善処するとよいのではないかと部屋に飾ってある他県の賞状を見ていて感じた。

写真15

また、今は広島などとの交流が活発である旨ご説明があったので、その点についてもより福岡県とハワイ州が他県と比べても交流が活発になるように頑張りたい。

ハワイにおける美術に関する意見交換について【日米議連によるハワイ州における視察調査4】

2017/02/04

たけレポート

先般、ハワイ福岡県人会60周年記念式典、福岡県・ハワイ州姉妹提携35周年記念式典並びに福岡フェアに合わせて1月17日(火)から1月24日(火)までアメリカ・ハワイ州を訪問してきました。

その期間中、ハワイ州の関係機関との意見交換をまとめましたので、ここにご報告いたします。

 

4.美術に関する意見交換

(1)日 時:1月19日(木)12:50~

  1. 場 所:ハワイ州ホノルル美術館
  2. 対応者:ハワイ州ホノルル美術館東洋美術部

写真10

写真11

写真9

■事業の概要

ホノルル美術館は、約一万点、世界で三番の浮世絵のコレクションを有している。なかでも、広重のコレクションは世界一で、北斎、歌磨のコレクションでも有名。これまで東京や和歌山で展示した。

現在は、イタリアのミラノで北斎の展示をしている。オンラインデータでコレクションの閲覧も可能。作品の保護のため、一カ月の展示の後は、一年は外に出さない。福岡での展示についても、今後前向きに検討していきたい。

IMG_3397[2]

 

【感想】

ハワイ州ホノルル美術館は、コバヤシ議員のお取り計らいで見学することができました。

素晴らしい日本の美術品が収蔵されていて、思わず引き込まれてしまいました。心和む展示と見やすい導線にも感心しました。

写真12