思いのたけブログ

大濠公園「大濠テラス」オープン式典に伺いました。

2020/09/02

お知らせ

令和2年9月2日(水)は、大濠公園「大濠テラス」オープン式典に伺いました。

記念のテープカット 蔵内勇夫先生、小川洋知事、高島宗一郎福岡市長などがお見えです

大濠公園には、マリリン・モンローも通った福岡の老舗フレンチ「レストラン花の木」やスターバックスコーヒーもありますが、新たに、和テイストのカフェ「大濠テラス」がオープすることになりました。

八女茶と日本庭園と
大濠公園「大濠テラス」誕生

私は、平成29年9月定例会 9月21日の 一般質問 で、「大濠公園日本庭園と西公園」について質問いたしましたが、大濠公園日本庭園は昭和4年に開園した大濠公園の50周年を記念して、県立プールを浄水通りに移して、その跡地に、島根県の足立美術館やボストン美術館の天心園などを手掛けた中根金作氏によって作庭された立派な日本庭園です。

この門を抜けると
大濠公園日本庭園に通じるようになっています

その大濠公園日本庭園に隣接する福岡県武道館を移転して、その跡地に福岡県立美術館が出来ることが先日発表されました。今から9年後の2029年には、大濠公園は開園100周年を迎えることになり、この和風カフェによって、私の生まれた八女市の八女茶の普及、さらには、大濠公園の付加価値が高まることを望むばかりです。

しづく茶を堪能いたしました

できれば、芦屋釜の里で出来た芦屋釜のレプリカでもよいので、飾っていただけば、八女茶で有名な八女市に行ってみようとか、芦屋釜がある芦屋町に行ってみようとする観光客が増えるのではないかと期待します。大濠能楽堂で将棋の棋聖戦が開催されたことで、将棋の藤井聡太王位棋聖にとっても大濠公園が忘れられない場所になったと思いますし、今後とも文化とスポーツのメッカとして、自然環境を通じて癒しを人々に与え続ける場所であって欲しいと思っています。

大濠公園に新たな拠点ができ、たくさんの」取材陣も見えていました

大濠テラスが、新たな八女茶の発信拠点となり、福岡と世界、福岡県の周遊観光のきっかけの場所となっていくことを期待しています。

二階から風景はまた格別です
「大濠公園をよくする会」の船津正明会長
高校時代は私の学年主任で、国語の先生でした。
九州地方整備局局長、蔵内勇夫先生、小川洋知事、高島宗一郎福岡市長がそろい踏み
なかなかない光景ですが、いい一コマでした